○○と○○だけ男性並みに…

ムダ毛を脱毛したいと思ったこと、それは女子なら皆が考えることだと思います。

学校での体育の授業、友達と一緒にプール、彼氏とのデート…ありとあらゆるシーン、あらるゆ部位から顔を覗かせ、その存在感を武器に女子の青春を邪魔してきます。ある時はカミソリ…ある時は毛抜き…またはワックス…。数々の戦術でなぎ倒しては生え、なぎ倒しては生え、思春期を迎えた頃から半永久的に戦い続ける日々。

こんな日々が続くなら、高いお金を払ってでもツルツルのお肌を手に入れたいと思うのが乙女心というものです。

Frau schaut mit Lupe im Intimbereich nach私自身、そんなムダ毛に悩み数十年。結婚、出産、離婚を乗り越え色んな修羅場は越えてきましたが、今なお永久脱毛への憧れは捨てきれません。

何故ここまで脱毛に執着があるのかなと考えて見たんですが、私はワキとスネだけ、男性並みの剛毛なんですね。

いいえ、ある意味男性よりも濃い場合もあります。カミソリでそっても濃いためチクチクが目立つ、気軽に素足でスカートは履けない、女子らしいことをするのにはかなりエネルギーを使っておりました。

一番思い出深いのは、お付き合いしていた男性に「今まで付き合った中で一番濃い」とお墨付きをもらったこと。他の女の子と比べられたことや、恥ずかしさも相まって、絶対に無毛肌を手にいれたいと、別れた今も機会を狙っています。

銀座カラーの予約が取りやすくなっています